リレンザは粉薬を吸引して喉の粘膜から直接有効成分を吸収し、インフルエンザを治療・予防するタイプの薬です。多少使い方にコツが必要ですが、効果は高いです。当サイトでは効果・副作用・使用方法などについて詳しく紹介してまいります。

  • ホーム
  • リレンザと併用できる厚労省が推奨する頓服とは

リレンザと併用できる厚労省が推奨する頓服とは

インフルエンザの特効薬として世界で初めて開発されたリレンザは、ザナミビル水和物を有効成分としてウイルスの増殖を抑えて回復を早める効果があります。
インフルエンザは急激な体温の上昇を伴って症状が現れる感染症ですが、リレンザには解熱作用がないので、異常な体温の上昇には対応できない治療薬となっています。
基本的には38度前後で高熱は止まりますが、症状によってはさらに体温が上昇することもあるため、頓服として解熱剤を併用する場合もあります。
ただし、一般的な頓服薬は脳症や脳炎を引き起こす可能性があるため、厚労省でも併用は注意するように示唆されています。
多くの解熱剤は発熱を抑えますが、関係性が不明ながらも非ステロイド抗炎症薬などは脳症や脳炎の重症化を招く危険性があるとされます。厚労省が推奨する解熱剤はアセトアミノフェンと呼ばれるもので、リレンザとは問題なく併用することができます。
アセトアミノフェンは医師の判断によって処方されるものなので、間違っても自己判断で市販されているような解熱剤を頓服として使用しないようにしましょう。
脳症や脳炎などの合併症を引き起こすと、異常行動や意識障害が起こりやすくなり、最悪の場合は死亡するといったケースもあります。
特に小さな子供では脳症・脳炎が現れる可能性が高いので、高熱になったからといって慌てて解熱剤を使用することは控えましょう。
市販薬では絶対に駄目というわけではなく厚労省が推奨した解熱剤以外にも、併用して問題のないものもあります。
一般的な風邪薬の中にもアセトアミノフェンを含んだ医薬品もあるため、まずはどの治療薬を使用したら良いかを確認する必要があるので、まずはかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

関連記事