リレンザは粉薬を吸引して喉の粘膜から直接有効成分を吸収し、インフルエンザを治療・予防するタイプの薬です。多少使い方にコツが必要ですが、効果は高いです。当サイトでは効果・副作用・使用方法などについて詳しく紹介してまいります。

  • ホーム
  • リレンザ服用における副作用

リレンザ服用における副作用

病原体

いきなり高熱が出る、倦怠感がひどく関節痛などもあるといった時はインフルエンザに感染していることが多いです。
インフルエンザは主に冬に流行し、学校機関では学級閉鎖が起こるなど大流行を引き起こすこともあります。
ウイルスによって感染していき、感染経路は飛沫物や空気中に漂うウイルスを吸い込んだり、接触によるものがあり、空気中にウイルスがいる場合、2日程度は漂うことができます。
インフルエンザに感染しないようにするには空気感染を防ぐためにマスクを着用する、人ごみに行かない、外出から帰ったら手を丁寧に洗う、部屋の湿度を保ち、1時間に1回は換気を行うといったことが大事になってきます。
抵抗力が弱っている時も感染することがあるので、日ごろから食生活に気を付け、早めに睡眠をとるようにします。
インフルエンザに感染するとリレンザやタミフルが出されます。この2つはウイルスが増えるのを防いでくれる働きがあり、薬を使って数日たつと回復してきます。
妊娠中でも使用することができ、副作用も少ないとされています。
ですが、全く副作用がないわけではありません。タミフルには飛び降りる、いきなり叫ぶ、支離滅裂な事を言うといった異常行動や頭痛、吐き気などがあります。
一方リレンザはタミフルほどではないですが、異常行動をすることがあり、腹痛や頭痛、鼻血、発疹などの副作用があります。また、リレンザは吸入薬のため、気管支が弱かったり呼吸器に疾患があったりする方はさらにひどくなる場合もあります。
じんましんが出る、顔が赤くなる、呼吸がしにくいという時はリレンザの服用をやめ、速やかに医療機関にて診察をしてもらうようにします。
なお子どもがリレンザを使っている時は異常行動が起きたときに備えなるべく一人にしないように気を配ります。

サイト内検索
最近の投稿
    アーカイブ