リレンザは粉薬を吸引して喉の粘膜から直接有効成分を吸収し、インフルエンザを治療・予防するタイプの薬です。多少使い方にコツが必要ですが、効果は高いです。当サイトでは効果・副作用・使用方法などについて詳しく紹介してまいります。

  • ホーム
  • 乳児のリレンザ服用はOK?

乳児のリレンザ服用はOK?

乳児

リレンザはインフルエンザA型とB型の治療に使われる薬であり、予防にも役立つことが分かっています。
副作用の少ない薬として知られていますが、全く副作用の心配がないというわけではありません。
リレンザの副作用としてはまず、下痢や嘔吐、発疹などが挙げられます。
これらの症状は発生する頻度が少ないですし、もし発症しても軽い症状で済む場合がほとんどです。
しかし、症状が酷い場合やなかなか改善しないという場合、ドクターに相談した方が良いでしょう。
また、頭痛や腹痛などが起こる場合もあると言われています。
インフルエンザにかかると頭痛や腹痛、下痢、嘔吐なども症状が出ることもあるため、薬による副作用なのかどうか分かりにくいこともあります。
流行が迫っているインフルエンザの予防としてリレンザを使った際に気になる症状が出た場合、副作用の可能性があるので注意しましょう。
リレンザは吸引タイプの薬であり、気管から直接インフルエンザウイルスを攻撃していくことになります。
そのため喉や呼吸に違和感を覚えることもあるため、かなり息苦しいと感じたら病院でドクターに相談しましょう。
この薬には水無しで服用できるというメリットもありますが、喘息などの症状がある人が服用した場合、症状が悪化してしまうこともあるのです。
そのため呼吸器系を患っている人にリレンザが処方されることはないということです。
また、リレンザを服用した際に異常行動が出ることもあると言われています。
これはタミフルでも同じように起こることなのですが、特に子供がインフルエンザ治療薬を服用した際に起こりやすくなっています。
リレンザは乳児にも利用できるのか気になっている人もいるでしょう。
しかし、この薬は5歳以上限定となっており、5歳未満の子供に対してはタミフルなどの薬が使われることになります。

関連記事