リレンザは粉薬を吸引して喉の粘膜から直接有効成分を吸収し、インフルエンザを治療・予防するタイプの薬です。多少使い方にコツが必要ですが、効果は高いです。当サイトでは効果・副作用・使用方法などについて詳しく紹介してまいります。

色々な薬

インフルエンザ治療薬として病院から処方されることもあるリレンザは、実はインフルエンザの予防も行える薬です。
服用量は同じで、治療のためなら1日2回を5日間、予防のために使うならば1日1回10日間の服用で良いという便利な薬です。
予防として使う場合、効果があるのは服用している期間のため、なにか大事な予定がある日の前に服用すると良いでしょう。
しかし、日本ではリレンザをインフルエンザの予防薬として処方してもらう時には健康保険が適用されないため、診察費とリレンザの代金すべてを自費負担しなければなりません。

予防として使うためには、約6000円かかると言われています。
「では薬局で買えば良い」と思うかもしれませんが、リレンザは医師の処方箋が必要な処方薬のため、ドラッグストアや普通の薬局では販売されていないのです。
それでも万が一のための予防と治療のために手元に置いておきたいという時は、ネット通販を利用する方法があります。

ネット通販で購入できるリレンザは海外製のものになり、海外の医薬品を個人輸入するという形になります。
ネットでは多くの医薬品の個人輸入代行サイトがあり、日本語と日本円でやり取りができるためとても気軽に利用することが可能になります。
海外の医薬品のため医師の処方箋も必要なく、24時間好きなタイミングで購入することが可能です。
価格も病院で処方されるものの3分の2~半額程度の価格で購入することが可能になります。
しかしネット通販で購入した海外の医薬品を服ようした場合、何が起きても自己責任となってしまいます。
また、パッケージなども購入した国の言語になっているため、使用する前に必ず併用禁忌などを理解しておく必要があります。

インフルエンザの新治療法として注目のリレンザ

インフルエンザはウイルス感染症の一つであり、ウイルスにとって快適な乾燥した冬の時期になると一気に流行が始まります。
古くはその治療法が存在せず、安静にして回復を待つしかありませんでした。
しかし、インフルエンザにかかると高熱が出ることに加えて、悪寒がしたり、吐き気がしたり、下痢になってしまったりといった症状が出てきてしまうことから食欲がなくなってしまうこともよくあります。

食欲の低下によって食べ物が食べられなくなってくると、体力も免疫力も低下してしまいがちであり、4、5日で治るはずのインフルエンザも一週間以上長引いてしまうことがあります。
そういった状況になると余計に食欲が低下して悪循環を生むことになってしまいます。
そういった状況が続いていたところに登場したのがリレンザであり、新しいインフルエンザの治療法が生まれました。

リレンザはノイラミニダーゼ阻害薬として知られるインフルエンザ治療薬であり、高い治療効果が得られるということでよく用いられるようになっています。
吸入薬であることから初期にはあまり用いられませんでしたが、ノイラミニダーゼ阻害薬の高い治療効果が知られるようになるとリレンザも注目を浴びるようになりました。
治療法として特殊な点があり、正しく治療を行っていくことが必要とされます。
まず、インフルエンザの発症から48時間以内に使用を始めなければ有効性が保証されないという点が一つです。
そして、使用を始めたら5日間分を正しく使用して使い切らなければなりません。
使用を始めてから平均して3日程度で症状が収まるものの、それからも2日間程度は身体の中に大量のウイルスがいるからであり、しっかりと治療を終わらせるために5日分を使用することが求められているのです。

リレンザはお酒を飲んだ後でも大丈夫?

インフルエンザは発熱を主症状とするウイルス感染症であり、毎年冬の乾燥するシーズンになると大流行を起こします。
発熱期間はわずか4、5日間程度であるのが一般的であるとはいえ、それに付随して様々な症状が出ることから日常生活もままならなくなることはよくあります。
そのため、リレンザが市場に出てきたことは大きな恩恵をもたらすものでした。
適切に使用することによって治療を1日から2日早めることができるという効果が期待できるからであり、発熱に悩まされる日を短くできるということから老若男女を問わず利用するようになっています。

多くの薬はお酒との相互作用が問題になりますが、リレンザは吸入薬であるため、吸収の時点における相互作用の心配はありません。
お酒に含まれるアルコールとの体内での相互作用についても報告はなく、お酒を飲んでしまっていたときでもすぐにリレンザを使用開始することができます。
日本での社会生活には飲み会がつきものであり、インフルエンザの流行が始まる年末年始は忘年会や新年会が多い時期でもあるのが事実です。

そういった集まりがきっかけでインフルエンザに感染してしまうこともあれば、そういった場でインフルエンザが発症してくる場合もあります。
特に発症してしまった際にはすぐに病院に駆け込んでリレンザを処方してもらうことにより治療を早めることが可能になるのです。
お酒を飲んでいるかどうかに関わらず治療を開始することができるということは頭に入れておく価値が有ることでしょう。
お酒を飲んだ後、インフルエンザ対策としてリレンザを使用することで予防になるでしょう。

記事一覧
病原体

いきなり高熱が出る、倦怠感がひどく関節痛などもあるといった時はインフルエンザに感染していることが多い...

サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ